summaryrefslogtreecommitdiffstats
path: root/manpages/ja/lb_chroot.ja.1
blob: 179f0271dfaba3d3b977b9bced37d023e2a17b68 (plain)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
.\"*******************************************************************
.\"
.\" This file was generated with po4a. Translate the source file.
.\"
.\"*******************************************************************
.TH LIVE\-BUILD 1 2016\-07\-28 20160601 "Live システムプロジェクト"

.SH 名前
\fBlb chroot\fP \- chroot 段階を完了させます

.SH 概要
\fBlb chroot\fP [\fIlive\-build オプション\fP]

.SH 説明
\fBlb chroot\fP は Live システムツール集 \fIlive\-build\fP(7) の高レベルコマンド (porcelain) です。
.PP
\fBlb chroot\fP は chroot 段階を完了させるために必要な live\-build プログラムを全て正しい順で呼び出します。

.SH オプション
\fBlb chroot\fP には特定のオプションはありませんが、live\-build 全般のオプションを全て理解します。live\-build
全般のオプションの全容については \fIlive\-build\fP(7) を見てください。

.SH ファイル
.IP \fB無し\fP 4

.SH 関連項目
\fIlive\-build\fP(7)
.PP
このプログラムは live\-build の一部です。

.SH ホームページ
live\-build 及び Live
システムプロジェクトについてのさらなる情報は、<\fIhttp://live\-systems.org/\fP> のホームページや
<\fIhttp://live\-systems.org/manual/\fP> のマニュアルにあります。

.SH バグ
バグは <\fIhttp://bugs.debian.org/\fP> にあるバグ追跡システムに live\-build
パッケージのバグ報告として提出するか、<\fIdebian\-live@lists.debian.org\fP> にある Live
システムのメーリングリスト宛てにメールを書くことにより報告できます。

.SH 作者
live\-build は Daniel Baumann さん <\fImail@daniel\-baumann.ch\fP>
により書かれました。